キッチン会議

LIXIL Link to Good Living

テーブルキッチン

家具のようにキッチンを考える

コラム | 2016.5.10

下の絵をごらんください。

テーブルに小さなコンロがあるキッチンです。キッチンというよりテーブルと言ったほうがいいかもしれません。
キッチンのバックカンターとして作業台に使うことも、またダイニングテーブルとして使うこともできます。本格的な料理は壁際の大きなキッチンで行いますが、ここではお茶を沸かしたり、スープを温めたりできるように、簡単な料理用のIH(コンロ)を組み込んでみました。
「家族と会話をしながら料理をしたい、子供と一緒にお菓子をつくりたい」とキッチンを作るときに多くの人がこうした夢をいだくものです。しかしオープンキッチンはつねにトップを綺麗に保たなければいけないプレッシャーや、水跳ねや油跳ねも気になりオープンキッチンがいいか悩む人も多いでしょう。そこでこの絵のように効率的に料理をする場所とコミュニケーションしながら料理をする場所を分けてみると、これらの問題は解決しそうです。
コンロだけならば通常のダイニングテーブルの高さにしても、立っても座っても使えます。ここでは、720ミリの高さのダイニングテーブルに合わせてみました。

さらにシンクがないことで、排水を考える必要がなくなるので、簡単に動かすこともできます。思い切ってベランダや庭にも出したり、パーティのときはリビングの真ん中に持って行ったりと自由に動かしてみてはどうでしょうか。
下の絵は、リビング側へ動かした時のイメージです。

テーブルキッチンという考え方、みなさんはどのように思いますか。ご意見お寄せください。

  • 【キッチン会議】コラムご意見メール

ワンクリックアンケート008

テーブルキッチンは便利だと思いますか?

YES
NO
ワンクリックアンケート008テーブルキッチンは便利だと思いますか?

YES 0%

NO 0%

share
  • twitter
  • facebook
  • google+
recommend
issue